秋リーグ

2011年10月16日~12月4日に開催された秋リーグの結果です。

 

横浜市大はグループリーグで

筑波大学A、昭和大学、聖マリアンナ医科大学

と同じグループに入りました。

 

グループリーグの試合結果は以下の通りです。

 

10.16 15:30 KO

   vs 筑波大学A @横浜市大

   横浜市大 2-0 筑波大A

   得点者:花島陽平×2

 

10.23 8:30 KO

   vs 昭和大学 @昭和薬科大

   横浜市大 0-0 昭和大 

 

10.30 15:30 KO

   vs 聖マリ  @横浜市大

   横浜市大 3-4 聖マリ

   得点者:片野×1、金井×2 

 

 

結果は1勝1敗1分けの勝ち点4となり、昭和大学と成績で

並びましたが、抽選の末、2位トーナメントに進むことになりました!

 

2位トーナメントの試合結果は以下の通りです。

 

 

11.13 10:45 KO 【2位トーナメント1回戦】

   vs 日本大学歯学部 @昭和薬科大

   横浜市大 2-1 日大歯

   得点者:花島×1、松村×1

 

グラウンド状態が悪い中での試合となり、チームとして目指している

「つなぐサッカー」を全時間帯でやり通すことはできませんでしたが、

その中でも2得点し、勝利をおさめることができました!

   

 

11.27 12:30 KO 【2位トーナメント2回戦・準決勝】

   vs 日獣 @東京歯科大

   横浜市大 3ー2 日獣

   得点者:花島×1、堀内×1、松村×1 

 

前半立ち上がりから球際に厳しくいくことができず、攻守の切り替え

も遅い部分があったため、相手に2点を先取されました。

後半途中から3点を奪って最終的には勝利することができましたが、

全体として課題が多く出た試合でした。

 

 

12.4 10:45 KO 【2位トーナメント決勝】

   vs 昭和大歯薬 @昭和薬科大

   横浜市大 2-0 昭和大歯薬  2位トーナメント優勝!!

   得点者:近藤×1、児玉×1

 

前半、コーナーキックから1点を先取しましたが、それ以外の

場面ではバックラインからパスをつないでいくシーンはあまり

作れず、ラインから相手の裏へ蹴ることが多く、流れの中から

点をとることは出来ませんでした。

後半もつないで崩すシーンはあまり多くは作れませんでしたが

最後に1点を奪い、昭和大歯薬を退けて、2位トーナメント優勝

することが出来ました!!

 

 

秋リーグを振り返り、「切り換えの速さ」や「パスをつなぐ」

といったテーマをこのリーグ中に意識してやってきましたが、

それが出来た試合、出来なかった試合、どちらもあったと思います。

出来た試合ではグラウンドに出ている選手も、外から応援して

いる選手も声をよく出して、気持ちが入っていたし、逆に出来

なかった試合では、声や気持ちの面で相手に負けている部分が

少なからずあったかと思います。

 

それでも結果として2位トーナメントで優勝出来たのは良かった

と思うので、今回の秋リーグで出た課題に今後取り組んでいき、

チーム全体で共通の意識を持って来年の春リーグに向けてさらに

頑張っていきたいと思います!